ホームポジションキーパー バージョンアップ(2.8)

ホームポジションキーパー バージョンアップ(2.8)

ホームポジションキーパーを使っている中で、括弧数字と○数字は操作マニュアルやビジネス文書で頻繁に使っており、数字シフトキーとスペースキーの同時押しで簡単に入力できるので、とても重宝していました。

しかし、最近使っている「もう一つの40%キーボード」では、一部のキーが3キー同時押しを認識しません。これでは「(6)」「(10」「⑥」「⑨」「⑩」が入力できないので不便を感じていました。

1.長押しによる回避

3キー同時押し(スペース+数字シフトキー+h など)が入力できないキーボードでは(6)の入力を手打ちするしかない状況を回避するためにスペースキーを同時押しすることをやめて、数字シフトキー+hの2キー同時押しを一定時間押し続けることにより回避することにしました。

この「一定時間」は、これまでに使っていた設定値「PushTime」で設定できますが、少し長めにする方が誤動作せずに良いようです。私の場合は0.24秒に設定しました。

2.弊害

キーの長押しは、操作も覚えやすいのですが、欠点として以下の2点があります。

(1)操作が遅くなる

3キー同時押しに比べると、誤動作を防ぐために一定時間押し続けるように設定する必要があります。どうしてもキーの同時押しより入力に時間がかかります。

ということで、今回のように出力結果が「(1)」のように3文字であれば、長押しして時間をかける意味がありますが、単なる文字出力に使うと入力時間がかかるので入力効率は向上しません。

(2)キーリピートができなくなる

長押しに機能を割り当てる=キーのリピート入力はできなくなります。通常はあまり問題は無いと思いますが、特別な場合は繰り返し同じキーを叩く必要があり不便を感じることになりそうです。

このことは、スペースキーを修飾キーにしたためにホームポジションキーパーではスペースを連続して入力するときに手間がかかるという欠点がありました。

3.キーリピートの回避策

キーリピートができなくなることをカバーするために「.」を長押しすると、直前に入力したキーをリピートする機能を追加しました。

【例】

「!」を連続入力する場合。

「数字シフトキー+q」で「!」を入力した直後に「.」を長押しする。

結果は

!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

といったように連続入力が可能になりました。

この機能により、ホームポジションキーパーでもスペースの連続入力が可能になりました。スペースを使って文字位置の調整を行っていた場合には便利な機能になったと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です